家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

我が家の非常食を公開 選び方や注意点なども

f:id:syufu-switch:20181223113549j:plain


テスト前、勉強しなければと思いつつ、なぜか部屋が散らかっているのが気になり、掃除をし始める……私はそんなタイプです。

年末で、やることがたーくさん!せかせかと気がせいているにのに……食品の備蓄が気になり、在庫チェックを始めてしまいました……

悪い事ではないので最後までやり切り、買い足したいものがあるのですが、ほら、クリスマス前って急にお値段が上がったり、混雑したり、ちょっとウキウキして購買意欲高めで、余計なものまで買っちゃうでしょう?

なんでもっと早くやらなかったのかと後悔しつつ……

今回は「食べ物は何を備蓄していいかわからない」「カップラーメンと、缶詰とアルファ化米でしょ?」という方に向けて、発信していきます^^

 

 

切迫している南海トラフ地震

気象庁のホームページに、南海トラフ地震に関連する情報(定例)が公開されています。

その中の注意書きに注目してみます。

(注)南海トラフ沿いの大規模地震(M8からM9クラス)は、「平常時」においても今後30年以内に発生する確率が70から80%であり、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態です。

(気象庁HPより引用)

東日本大震災はマグニチュード9、熊本は7.3でした。南海トラフは、マグニチュード8〜9と予想されています。 

「南海トラフって、どこ?」「私、関東だし関係ないよね。」という方のために、こちらのリンクを貼っておきます。

都道府県別の被害想定が検索できます。

 

www.asahi.com

 

備えゼロでは太刀打ちできない

テレビで見る、炊き出しに並ぶ列、スーパーで食材を買い求める列。

炊き出しがあるなら、並んで買えるなら、それに頼ることもあるかもしれません。でも、それはできれば「備蓄していたのに家が倒壊してしまった」など、やむを得ない方々に譲ってあげたいと思います。

それ以前に、スーパーが開いたり、炊き出しがあるレベルならまだいいのかもしれません。たとえば3日間、もしかしたら1週間、ライフラインがストップして、物資が届かなければ、みなさん食べ物は大丈夫ですか?

すみません、なんだか怖がらせてばかりですね^^i

準備をしよう!

私も備蓄を考え始めたころは、何をしていいかわかりませんでした。食べ物も、乾パンとアルファ化米くらいしか思いつきませんでした。

準備を始めてから、「子どもは食べれるかな?」と、家族で試食をしてみると「この味、嫌い。」「まずっ!」「固っ!」と不満が出るわ出るわ。

これがいざ被災時だったらと思うと怖かったです!だって、

食べ物があるのに子どもが食べれない

我慢して食べなさいと怒る

家族全員ストレス!

これはヤバい (✖﹏✖) 

気づいて以来、非常食は必ず試食をしてから人数分をそろえるようにしています。
(災害食と言われる方もいらっしゃいますが、非常食で続けます)

もしご家庭で非常食の試す機会があれば、お子さんには必ず「これは予行練習だから、なんでもいいから感想教えてね。」とやさしく伝えてください。
なぜなら、普段「好き嫌いをしない!」とか、「残さず食べなさい。」と言われている子どもたちは遠慮をして本当のことが言えない可能性があるからです。

被災後の2日間は、冷蔵庫にあるものを

冷蔵庫も1つと考え、冷蔵→冷凍の順で消費していきます。

ライフラインストップに備え、カセットコンロを用意しておきます。また、パッククッキング(ポリ袋調理)も事前に練習しておきました!

 ↓

www.syufu-switch.com

 

主食となるもの

我が家の非常食ですが、これが正解ではありません(◍•ᴗ•◍)

被災時に少しでも食欲が出て、食べることを楽しみにできるようにと準備をしたので、種類が多めです。

量は、4人家族の7日分を想定しています。(一部を取り出して写真を撮ったので、全量ではありません)

 

f:id:syufu-switch:20181222222133j:plain

 

アルファ化米もいいですが、お米があればポリ袋でごはんが炊けるので、その方がいいと考えます。

アルファ化米にも味のバリエーションがありますが、試食した子どもも私もおいしいと思えなかったので、我が家では却下しました。

レトルトごはん

私がいない時にも家族がごはんが作れるよう、準備しています。キャンプでも扱い慣れているし、味もおいしいです。

買う時は、値段だけに惑わされない事。150gづつ2パックがくっついたもの、180g、200gと、容量はメーカーで異なります

容量が違えば、温める時間も違います。パッケージには、200gなら熱湯で15分、150gのパックでも、パックに高さがあると熱湯で24分というものもあります。

非常時はガスも貴重ですので、パックの形状にも気を付けた方がいいと思います。

参考までに、いつもキャンプで食べる時は、加熱時間がパッケージの時間より短くても十分に温まっていますのでやや短くても問題はないと思います。

グラノーラ

食欲がない時や、おやつ代わりにも。食物繊維や鉄分など、栄養補給も期待できます。

ホットケーキミックス

ホットケーキ以外にも、ポリ袋で蒸しパンにできます。あったかおやつが手軽にできます。

缶入りパン

実は、ネットでレビューのいいものを選んで購入したのですが……試食をしたところ、えーと……おいしくはなかったです。個人差、ですよね。プレーンを試食したので、チョコとメープルに期待したいと思います……

即席ラーメン・カップ麺

手軽にできるのが利点ですが、味が濃いものばかり食べていると飽きるのと、塩分過多で体調を崩す方もいるので注意が必要です。 

おもち

きなこ、あんこ、雑煮など、バリエーションも豊富ですし、家族みんな大好きなおもち。レトルトで水で戻せるおもち(←我が家では却下)などもあるようですが市販の切り餅も賞味期限は1年以上あり、非常食に向いていると思います。お正月に食べますしね^^
 

そうめん 

うどんではなく、そうめんというのがみそです。
乾麺のうどんは、ゆで時間が10分以上のものが多いので、非常食向きではありません。
(2時間くらい水に漬けてからだと、ゆで時間は3分くらいでいいとクックパッドなどで知りました。やったことがないので情報だけ)
 
そうめんだとゆで時間は3分ほどで省エネ。あったかいそうめん(にゅうめん)がおすすめです。
 

スパゲティ

 
湯で時間に注意!我が家は早ゆで2分!
 

おかずになるもの

f:id:syufu-switch:20181222222121j:plain

こちらも、私がいなくても調理できるものが大半。

鍋のもと・うどんスープ

冷蔵庫の食材をなんでも入れて鍋料理に。また、うどんスープがあればにゅうめんもあっという間

レトルト食品

カレー、牛丼、など。食べたことがあるものを。

おもち用

あんこ、きなこ。あ、きなこを買わなくては!我が家のお気に入りは口福堂。初めからお砂糖が入っているので、かけるだけでおいしいんです^^

 スパゲティ用ソース

我が家の定番はたらこ。味が濃いので、麺の量を1.5倍にしています。

缶詰

これが案外ネックで……試してはみるんですが、あまりおいしいものを見つけられません……買って食べておいしくないって、結構ショックですよね……

海苔・ふりかけ

これさえあればごはんが食べられます^^ おにぎり用に海苔を買い足そうっと。

カップみそ汁

おにぎりとみそ汁があれば最強かも!ということで、カップみそ汁は多めにストックしています。以前、100円で4つ入ったお安い生タイプみそ汁(お椀に入れるタイプ)を家族で試食してみました。具がほとんどない上に、最初から味噌に入っているのでしょっぱすぎて、却下となりました。

おかずをもう少し充実させたいです……

 

 おやつ

f:id:syufu-switch:20181222222520j:plain

 こうして並べてみると、こんにゃくとかベジタブルとかストレス低減とか乳酸菌とか、ちょっとでも何かを得ようとしてる感がすごい
(ノ≧ڡ≦)

普段のおやつはテキトーですけどね^^i 

小2妹の好きなキャラクター「すみっコぐらし」も忍ばせてみました。

杏仁豆腐の素は、熱湯を入れるだけ、しかも室温で固まるんです。おいしいし簡単なので、小2妹が作ってくれたりします。

 

災害時は、学校が休校で家(避難所)にいたり、親が子どもをなだめたりするのにおやつを過剰にあたえることが多く、子どもの虫歯が増えるのだそうです。気をつけたいですね。

栄養補給

f:id:syufu-switch:20181222222117j:plain

野菜ジュース・青汁

野菜不足と便秘対策で、野菜ジュースと青汁を。

野菜ジュース選びは慎重に。私もこどもたちも味が苦手。

1本で「1分の野菜」という記載があると野菜感が強く、「1分の野菜」と記載があるものは比較的飲みやすいです。

常温で飲むことになると思うので、暑い季節はさらに飲みにくさが増します^^i

我が家では常温で味見をして、飲みやすいものも用意しました。(主人用は1日分の野菜でOK)

ゼリー飲料と固形食品

食欲がない時、手軽に栄養補給したいときに

その他 飲み物など

f:id:syufu-switch:20181222222128j:plain

 水は、2リットル入りがメインですが、500mlのペットボトルも用意しています。飲みやすいし、コップを洗う水が必要ありません。

カフェオレと抹茶オレは、リラックスしたいときに。

ポリ袋は、パッククッキング用に多めに。

カセットガスは8本用意しました。(農水省のガイドラインと、自分の実験で1本使い切った時間をふまえてこの本数にしました。)

 

家族構成によって調整を

高齢の方、小さいお子さんがいらっしゃる方には、さらに工夫が必要ですね。

私の父は即席めんは大好きですが、市販の冷凍食品やレトルト食品を嫌います。

乾物などを使った「災害食レシピ」、素晴らしい取り組みだと思いつつも、小さいお子さんは苦手だろうと感じたりもします。

食べるって、大切なことです。ただでさえ大変な時に、食べることを我慢する・おいしくないものを我慢して食べるのは酷だと私は思います。 

素人発想ではありますが、たくさんの災害対策を参考にしつつ、我が家に最適なことは何かを考えて対策をしています。どなたかのお役に立てれば幸いです。

 

……結局、今日やりたかったことは何もできていない私に、応援クリックお願いします
↓ (ノд-。) 日付変わってもた…… 

ブログランキング・にほんブログ村へ