家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

アイロン台ひとつでアイロン掛けが 超絶楽になる

f:id:syufu-switch:20181018144547j:plain


アイロンがけ、お好きですか?

私はもちろん嫌いです!いや、嫌いでした?

アイロンが面倒だから、主人の会社用シャツはもちろん形態安定!そんな私が、この度シャツのアイロンがけを始めました。

理由はさておき、今回はアイロンがけが好きな人にも嫌いな人にもお伝えしたい、新しいアイロン台を買ったらアイロンがけも楽になったよというお話です。

 

アイロン台の選び方

そもそも私、アイロン台は100円ショップの薄くて小さいマットしか持っていませんでした。 これではさすがにシャツは無理だなと。 そこでアイロンを購入したのですが、実は1度失敗しています。その失敗を踏まえて、 アイロン台を選ぶポイントを考えました!

まずは高さ

 アイロン台の種類は大きく分けて3つ。

  1. 平型・マット型(足がついていない)
  2. 脚付き(折り畳み脚を立てれば、座ってアイロンがけできる)
  3. スタンド式(立ったままできる)
①平型・マット型
  • 高さのあるテーブルに載せれば立ったまま、低いテーブルに載せれば座ってアイロンがけ出来る
  • 平型は薄いので隙間に立てて収納ができ、マット型はコンパクトにたためる
  • 60×36㎝程度が一般的。大きいものもあり
②脚付き
  • 座ってアイロンがけするときに、ちょうどよい高さ
  • 60×36㎝程度が一般的
③スタンド式
  • 立ったままアイロンがけできる

  • 高さが数段階に調整できるものが多い(できないのもあります)

  • 金額はやや高め
  • 大きいので、収納性はいまいち
  • 幅は広く、奥行きは30〜40㎝と狭いものが多い

スタンド型を見ると、「部屋とワイシャツと私」が頭に流れ始め、わたせせいぞうの世界が広がるのは私だけ?

 

形を選ぶ 長方形?舟型?人体型?

高さが決まれば、次は形。

平型は長方形ですが、脚がついている台は舟型か人体型のものがほとんどです。
どちらもアイロン台にカーブがあり、服をカーブに合わせることで アイロンが掛けやすくなるそうです。

人体型は本当に使いやすいのでしょうか? 動画で見ると、シャツを引っ掛ける作業が面倒そうに見えますが……ここは好みの分かれるところですね。

 かくかくしかじかで、脚付きの舟型タイプに決定。さあいよいよアイロン掛け!なのですが……

 

実は一番大事なのは大きさだった

いざアイロン掛けを始めると、アイロン台の大きさが全然足りない!

正確に言うと、シャツの方が大きいから何度もシャツをずらさないといけない。
「あたりまえ」だと思いました?でも、気付いたんです。実はこれが大きなストレスになっていることに!

f:id:syufu-switch:20181018135940j:plain

一般的なアイロン台は 幅60×奥行36cm程度。重ねてみるとわかる通り、シャツの見頃よりも小さいんですね。後ろ身頃だけでも最低3回はシャツをずらしてセットしなおし。

私のやり方では、1枚のアイロンがけでシャツをずらした回数は17回でした。

そこで思い出したのはクリーニング屋さんの動画。大きなアイロン台でスルスル〜っと快適そうでした。

ネットで大きいものを探すと、90×60㎝の真っ白い平型が4,800円。色気がないなぁと購入をためらっていたら……ありました! 車検の時にディーラーにあった通販雑誌で見つけたのが「アイロンブランケット」サイズ120×65㎝。家に帰って迷わずポチ!

f:id:syufu-switch:20181018135923j:plain

後ろ身頃はずらすことなくスパーッとかけられます!

f:id:syufu-switch:20181018135928j:plain


旧アイロン台ではシャツをずらした回数は17回ですが、新アイロン台では9回!
約半分なので、手間も省けるし時短効果も。

うちの足長い系おじさん(主人)のパンツもこの通り。

f:id:syufu-switch:20181018175936j:plain

旧アイロン台との比較。

f:id:syufu-switch:20181018175929j:plain

ちなみに、↑このように広げてすぐは折れ跡が目立ちますが、ブランケット自体にサッとアイロンをかけると気になりません。

↓After

f:id:syufu-switch:20181018175922j:plain

説明書には次のようにあります。


6層の特別な厚みで通気性良く、底は水分を通しません。アルミコーティングされた底面は、熱や蒸気を通しにくく、蒸気は上に抜ける構造です。

テーブル上で安心して使えますね。

 

 最後に

主人のシャツのサイズを測ってみたら、着丈が77㎝、幅が47センチくらいでしたので、アイロンブランケットが大きすぎる(テーブルに載らないなど)の場合には、90×60㎝の平台がいいかもしれません。

失敗を経て、2度目に満足いくものに出会えました。「アイロン台ってこんなもんでしょ?」と深く考えずに購入してしまった……最近こういった「買ってすぐ買い替え」パターンが多くて……

代わりに失敗しておきましたので、どなたかのお役立ていただければ幸いです。
(。・ω・)ノ 気ぃ付けなはれや!
 

 ↓ 参加してみました。ポちんとしていただけるとがんばれます
  (๑•̀ㅂ•́)و✧


にほんブログ村