家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

あさイチに教えてもらった「避難場所の落とし穴」

f:id:syufu-switch:20181030111013j:plain
NHK朝ドラから朝イチの流れでテレビを見ていると、「避難場所の落とし穴」というタイトルが目を引きました。

VTRの内容を簡単に説明しますと、こうです。

「大雨の日、近くの家が浸水したと知ったAさん。我が家も早く避難所へ避難しようと、家の目の前にある小学校の様子をうかがっていました。しかし、一向に小学校に電気がつきません。結局Aさん宅が浸水を免れましたが、なぜ小学校は避難所にならなかったのでしょう。

文章でまとめたら謎解きみたいになってしまいましたね(笑)

 

災害の種類によってちがう避難場所

「災害避難場所」と看板も立っている学校が、なぜこの時に避難所とならなかったのか?

答えは、洪水の際の避難場所ではないから。災害の種類によって避難所は変わります。

考えてみればそうですよね^^i 洪水の危険がある避難所に、大雨の日には避難しないでしょう( ̄▽ ̄;)

Aさんの町の例ですが、ハザードマップに避難所の一覧が載っていました。(簡略化しています)

 

 指定避難所・指定緊急避難場所一覧表

名称 住所 収容人数 洪水 土砂災害 高潮 地震 津波
○○小学校 ○○町156 160
○○公民館 ○○町○○2376-1 50
○○公会堂 ○○町○○ 20

 

洪水の欄が✕になっていますね。洪水時には開設されない避難所があり、これが「避難所の落とし穴」という訳です。

司会の大吉さんが「全国どこのハザードマップにも書いてありますか?」と、アナウンサーに確認したところ、回答が少し誤解を受けそうでしたので、勝手に私からはっきり言います!

ハザードマップに避難所が書いてある自治体もあるし、書いていない自治体もあります!
↑ 大きく書いた割にフツー。

 

ハザードマップを調べてみました

f:id:syufu-switch:20181030111009j:plain

我が家は水害が起きるような地域ではありませんが、再度市のホームページで確認してみました。洪水ハザードマップに避難所一覧があったため、疑問はすぐに解決しました。 

他の自治体はどうかな?と、近隣の自治体のホームページを確認してみることに。(←余計なお世話)

自治体によってハザードマップの種類が違う場合がありますが、主に

  • 地震のハザードマップ」
  • 洪水・土砂災害のハザードマップ」
に分かれているようです。海沿いの自治体では、
  • 「津波のハザードマップ」もあります。

ハザードマップの種類により、載っている避難所が違う場合がありますので注意が必要です。 

 

8つの自治体を比べてみると、ハザードマップや避難所一覧が同じ形式のものはひとつとしてありませんでした。

1つの自治体だけ、洪水時の避難所一覧を見つけることができませんでした。防災マップで浸水地域をみて避難場所を判断する必要がありますが、わかりやすく色分けされているので、「見て正しく判断できれば問題ないかな。」と思いました。

「いざという時、冷静に正しく判断するのは難しいので、災害が起こる前に確認するのがベスト」だというのは、どのハザードマップにも共通して言えることです。

 

 

ハザードマップはすぐ見つかる!けれど注意が必要

f:id:syufu-switch:20181030111349j:plain

ハザードマップはどの市もインターネットですぐに見つかります!(毎年自治会から印刷物も配られているはずです)

しかし、洪水時の避難所を探すのには注意が必要な自治体もあると感じました。というのは

洪水ハザードマップに「浸水想定区域の避難所も載せている」自治体もあるからです。

色を付けたり、〇をつけたりして、欄外に注意書きがされているので気をつけなければなりません。

例えば

  1. A市
    洪水ハザードマップにすべての避難所一覧表が載っています。欄外に※で
    「氾濫箇所などの 状況によっては水はどこから来てどこに行くのかわかりません。浸水想定区域外に避難所開設することが望ましいのですが、浸水想定区域内の避難所を開設する場合もあります。」
    お、おぉ……そうか……

  2. B市
    土砂災害ハザードマップに、すべての避難所が書かれた一覧が載っています。注意書きには
    「◎で示された避難所等は土砂災害区域警戒区域内に位置しています
    ∑(゚Д゚ノ)ノ わお、そんな場所も載せちゃう!?

 その地域に住んでいる方々には普段どのようなアナウンスがあるのかわからないので、ネットの情報だけで 何とも言えませんが、少し驚きました。

全国のママさんたちへ

 万が一の時には、冷静に情報を集めなければなりません。また、避難所は、被害の状況に合わせて開設されるものなので、いざという時に判断をする必要があります。

是非、この平時に「災害時にどう動くか」をイメージしておきませんか?洪水ハザードマップはネットで調べるのにほんの1分!わかればきっとスッキリしますよ!

 

↓ 参加してみました。ポチんとしていただけるとがんばれます
  (*Ü*)ノ


にほんブログ村