家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

狭いおうちのひな壇は?我が家は今年も買いませんでした

小2妹、8歳。7回桃の節句を迎えているのですが、今だひな壇飾りなし。

 

毎年なんとなく売り場を覗いてはいるのですが……小2妹もそんなに興味がないというか、今年は早々に「私が作る宣言」をしていました。

 

ちなみに私は長女なんですが、私自信がひな壇飾りを持っていません。……特にほしいと思わず、友人宅の豪華7段飾りを見ても、「幼稚園のと同じだな。」としか思わなかった記憶があります。

一方長男である弟、でっかい鯉のぼりと、立派な五月人形がありました。

んー、小さいころはなんとも思ってなかったですが、昔の田舎の跡継ぎ誕生万歳感が露呈しているような気が……ま、それは置いといて。

 

我が家のひな壇飾り、恒例の子どもの手作りです。

 

今年は小2妹の折り紙雛飾り

f:id:syufu-switch:20190219112536j:plain

まだ作っている途中の仮置きなので、位置が変わったりしていますが、人数はそろいました。

小2妹は工作が好き。自分で考えた折り方だからオリジナルだと本人は言いますが、簡単なのできっと同じような折り方はあるでしょうね^^i 

母としては折り方を調べればもっとクオリティが高くなる気がするのですが……見守ることにします。(ちなみに先日鬼のお面を作っているとき、主人に「いつまで平面のお面を作っているんだ。もっと工夫しなさい」とダメ出しをされて泣きながら作っていました^^i モノづくりの会社にいるためか、時々子どもの作品に手厳しかったりします)

 

今回良かったのは、ひな壇にはどんな人がいるのか、小物はどんなものがあるかを小2妹自信がタブレットで調べていたことです。

私が小学校のころは何も考えずに「ひな祭りは女の子の健やかな成長を願うもの」なのだろうと思う程度でしたが、今は幼稚園で教えてもらったりして、子どもの方が詳しかったりしませんか?

 

飾っている棚は、主人が段ボールで作りました。縦長だから場所を取らないのがいいけれど、幅が狭くて5人囃子がギュウギュウです。

金屏風用の折り紙買わなくちゃ。



最初の雛飾り

引っ越す前は狭い社宅に住んでいました。

リビングと呼ぶにはあまりに昭和な4畳半。そこにソファとテレビとベビーベッド。今考えると恐ろしく狭かったですが、ものが少なく、今より片付いています。

当然、雛飾りなんて置く場所がありません。

初節句の時はキットを購入して小さな小さなつるし飾りを作りました。

f:id:syufu-switch:20190220130050j:plain

 

息子が幼稚園に入ると、今度は雛人形を園で作るようになります。

これが親バカなせいかあまりにかわいくて。子どもの作品には本家も顔負けだと思いませんか?


年少・年中と兄の作品を飾り、年長になる年には娘も入園して自分で雛飾りを作るように。それ以来、毎年雛飾りは娘が自分で作成しています。

小学校に入ると学校では雛飾りを作らないので、昨年はレゴでした^^

 

f:id:syufu-switch:20190220133309j:plain

これは……お雛様……なのか?一応金屏風とひし餅がある。

そして3人官女の真ん中が作業員!?

 

そろそろ卒業?

小2妹に、「来年はどんな風になるかね〜。」と声をかけたら、「ん〜、わかんない。」との返事。

来年はいよいよ買うことになる……かも?

ひな壇って女の子1人にひとつなんですってね。母方の祖父母が準備するものだとか……今はいろんなタイプがあってかわいいですが、いろんな意味で負担ですね^^i

買うのは構わないのだけれど、手作り雛がないとちょっとさみしいなぁと思う母です。