家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

そのカード情報入力画面は本物?見分けのつかない決済エラー詐欺

f:id:syufu-switch:20190226130641j:plain


決済エラー詐欺?……ワイドショーで取り上げられていて、「またいつもの詐欺の注意喚起かな」と思っていたら内容を見て驚きました。


ITジャーナリストも「非常に気づきにくく、消費者は打つ手がない。」という詐欺の手口。本日はその新しい詐欺の注意喚起を。

 

決済エラー詐欺とは

実に巧妙なショッピングサイトの利用者を狙った詐欺

ネットショッピングで買い物画面に、知らないうちに詐欺画面が紛れ込んでいるというのです。

だましの手順

①ショッピングサイトで買い物をする

②注文内容の確認

③カード番号などの個人情報を入力する

④「エラーがありました」というエラー画面

⑤再度入力画面が出て、先ほどと同じくカード情報などを入力する

⑥買い物完了

⑦商品が届く

 

……どこが詐欺なの?という実によくあるネットショッピングの風景。

驚くのは、「 サイト自体は正規のショッピングサイトであるし、商品も注文したものが届く」ということ。

 

一見普通「どこが詐欺なの?」

実は先ほどの

個人情報の入力
④エラー画面

この2つだけ偽物の画面。その他は正規のお店の販売サイト。

つまり、

クレジットカード情報を入力させる手口で、気付かないうちにクレジットカードの情報が盗まれるというのです。


犯人は、そのクレジットカード情報とセキュリティ番号、住所や電話番号などの情報を闇市場で高値で売ったり、犯人自ら換金しやすい電子マネーやギフト券を購入・転売したりして悪用するのだそう。

 

今まではサイト自体が偽物で、カード情報が盗まれて商品も届かないため、詐欺にも気づきやすかった。そのため、「偽サイトにアクセスしなければ被害を防ぐ事は可能」といったものでした。

しかし今回ご紹介した決済エラー詐欺の場合は、本物の ショッピングサイト自体に詐欺画面が忍び込んでいて、商品自体も普通に届くため気づきにくいのが特徴

 

被害件数は最大13000件に上る可能性があるといいます。「可能性」というのは、もしかするとまだショッピングサイト側も気づいていない可能性があるためです。


今のところ見つかっているのは国内で4サイト。大企業が運営する巨大総合ショッピングサイトではなく、中小企業が狙われているといいます。

購入した方から「最近エラーが面がよく出る」という問い合わせで発覚したケースも……

 

未然に防ぐ方法はないの?

ITジャーナリストいわく、
「防ぐための事前の対策は全くなし。決定的に重要なことはクレジットカードの利用明細を見ることに尽きる。 有料になってでも紙の明細書で穴が開くほど見てほしい。」とのこと。


不正利用があった場合はすぐにカード会社に連絡。保険に入っているクレジット会社であれば60日以内なら補償されるとのこと。

消費者が事前に対策ができないなんて……ショッピングサイト側の皆さん、対策をよろしくお願いします!


そして皆さん、明細は穴が開くほど見ましょう

ちなみに私、先月の明細を確認したところ、本気で怪しい利用を発見!めっちゃドキドキしながら確認したところ、不正利用ではなく単に初めて購入したサイトなだけでした……
(゚―゚;) マジであせった。