家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

思い出して再び反省した話

洗濯ものを干していたら思い出した話。

小5兄が入学して間もないころの事。

学校から帰ってきて、当時1年生の息子が言いました。

「おかぁさん、ハンカチ汚れちゃったから洗濯してくれる?」

ポケットからびしょ濡れのハンカチ。

どうしたの?と聞いたら、

給食当番の子が残飯の入った容器をひっくり返してしまって、それをハンカチで拭いたんだそう。

あなたならどう答えますか?

私の反応はこうでした。

「えー?教室に雑巾あるでしょ?それ使えばよかったのに〜」

 

……あぁ。当時の私、残念……

でもその時は単純にそう思ったのです。なんの悪気もなく。

 

息子はみるみる涙目になりました。

泣くのを見せないようにくるりと背なかを向けて、こういいました。

「僕は……お友達が困っていたから助けたかったんだ。うぅっ(泣)」

 

そうだよね。助けたかったんだよね、協力してあげたかったんだよね。

ごめんごめんごめんごめん。

息子にあやまって抱きしめたら、「うわーん」と泣いて。

 

それをさっき思い出して、涙目。

小さいころから私に似て泣き虫だった息子は5年生。

泣かなくなったなぁとしみじみ。