家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

我が家にとって十五夜は満月を見ながらおやつを食べる日です

9月13日、十五夜。

みなさんお月見はされましたか?

我が家からは9時過ぎにようやく雲が切れ、満月を拝むことができました^^

 

私の小さい頃の十五夜

どんな季節行事にもその土地ならではの特徴があると思います。

私の実家では窓際にお月見台を用意して、ススキを飾り、秋の味覚をお供えしていました。

一見普通ですが、「お月見団子」は見たことがありません^^

お正月はお餅をつき、祖母が作るあんこの入った焼き餅もとてもおいしかったのですが、なぜかお団子は実家で食べたことがありません。

お供えにはぶどう・栗・梨・さつまいもと、私の大好物ばかりが並び、すっごくウキウキしたものです。

しかし!お供えしたものは男子しか食べられないという謎のルールがあり、私はブーブー文句を言ったことを覚えています。

ま、月見台にのせていないものは食べていいので、私が食べる分は別に用意されていて一安心したのですが^^

 

我が家の十五夜

子どもが幼稚園児のころのある日、満月がきれいでベランダに椅子を出してしばらく眺めたことがありました。

その時に私がなんとなくアイスが食べたくて、夜なのにみんなでアイスを食べたのが子どもはすごく楽しかったみたいで。

その後も時おり満月を見上げながらおやつを食べることがあり、すっかり「月見=おやつを食べる」という公式ができてしまいました。

例年十五夜は、なんとなく買ってきたお団子を食べたりしていたのですが、今年はすっかり忘れており……

白玉粉があったので、急遽小3妹と白玉団子づくり。

白玉団子はお供えに向かないので……

f:id:syufu-switch:20190913225700j:plain

白玉あんみつ(笑)

即席でしたがおいしくいただきました^^

9時前は曇っていて全然月が見えず……でも我が家は月が見えなくても大丈夫!

f:id:syufu-switch:20190913225654j:plain

小3妹による手作り満月^^

部屋の明かりを消して、懐中電灯で照らします。(下に貼ってあるのは歴史の年表^^i)

今年のはけっこう大きいので、塗るのが大変だったそうです^^

 

小5兄は明日塾のテストがあるので、「ぼく、白玉食べてる時間ないや」と言いつつ、白玉団子を渡したらお代わりしていました^^

我が家は「なんちゃって十五夜」ですが、それでもこうして家族で思い出を作るのは楽しいものです。

 

追伸

日本で「うさぎの餅つき」どこかの国では「カニ」……それを知って以来、もうカニにしか見えなくなりました。