家事と家族とエトセトラ

主婦のあれこれ、ようやくスイッチ入れました。

子どもが、思ってたよりいろいろ考えてた

f:id:syufu-switch:20191129114257j:plain


東京モーターショーがありましたね。(ちょっと前の話ですが^^i)

モータショーに行きたいと提案したのは小5兄でした。

「今ちょうど学校で車のことを勉強してるから、モーターショーに行ってみたいな」

これには主人も二つ返事で、最終日に行く予定を立てていました。

しかし、その週に息子が体調を崩して学校や塾を休んでしまい、「今週は勉強できない日が続いたから、やはり僕は家でテスト勉強をしたい」と言うので家で過ごしました。

 

小3妹、モーターショーに行く(超意外)

小3妹が「私は行きたい!」と言うので、主人と二人で出かけることに。

これには驚きました。今まで車に興味を示したことが一度もないからです。

会場はやはり大混雑で、今年からモーターショーに登場したキッザニアなどの子ども向けイベントには参加せず、各ブースを主人とまわったそうです。

帰ってから何度も「モーターショー楽しかったな〜」と話す娘。

興味がないと思っていたのは私の思い込み!?

小さい頃から、子どもにいろんな経験をさせたいと思って提案をしてきましたが、今考えると、ほとんど自分の物差しで決めていたな、と反省。

「これはうちの子、興味ないだろうな」とか、「これは経験させておきたいな」とか。

……子どもが塾などで忙しくなって、家族で出かける機会が減ってからそんなことに気づくとは。

お子さんが小さい皆さんは反面教師にどうぞ^^i

 

息子がモーターショーに行きたかった理由

後日、小5兄に「お母さんはモーターショーに行きたかった?」と聞かれました。

私は「すごく行きたかったという感じでもないかな」と答えると、「どうして?」とまた質問。

私はもともと車に興味がないことに加え、小・中学校時代に親が軽自動車に乗っていることをバカにされて以来、「車も嫌いだし、車が好きなやつは大嫌い」という、だいぶねじ曲がった思想を持っております。←ま、これは子どもには伝えていませんが、「車に興味ないからなぁ」と答えると、こんなことを話してくれました。


「僕もそんなに車に興味はないんだけれど、行ってみたかったなー。車を見たいというよりもモーターショーの雰囲気を感じたかったんだよ。

だってさ、そこには世界の最先端が集まってるわけでしょう?それをみんなが見に来るわけでしょう?

最先端のものを見たいっていうのもあるけど、みんながどんな風に楽しんでいるかを見てみたい」

 

あらま。随分大人な意見を持っていらっしゃる^^

そこで、「じゃ、今回は車だったけれど、世界の最先端だったら、他のイベントでも行ってみたい? 小5兄の好きなゲームとかさ」と聞いてみました。

 

小5兄

いやそれはちょっと違うかな。ゲームは、それを好きな人だけがやるものでしょう?
車は生活に必要なわけでさ。だから、みんなが便利になるものだったら見に行きたい」


ほほう、そんなことを考えてたんだ。

次のモーターショーにはぜひ行きたいという息子。日本で開催されるのは2年に1度だから、次回息子は中学1年生。

どこの中学に通ってるんだろうなぁ。

 

追伸

「お母さんは小学校の頃、世界とか、最先端とか、考えたこともなかったな」と息子に言うと、

小5兄

いつもお父さんから世界がどうとかいう話を聞かされてるからね。だから自然にそう思うようになったんじゃないかな」

「聞いてる」じゃなく「聞かされてる」ね(  ̄▽ ̄)